2007年03月08日

レーシックの満足度

近視矯正治療レーシックなどを受けたら、治療後の視力にどの程度満足できるのでしょうか。
治療前のカウンセリングや診察の際に、データなどを示して、治療後の視力がどれくらいになるかを示してるのはもちろんですが、しっかりとしたクリニックであれば、治療後の合併症や副作用にまで説明してくれるようです。
レーシックなどの屈折治療には、視力が思うようにでないことがあります。充分に納得してから治療に臨まないと、そうした事態になったときに後悔することになりかねません。
レーシックを受けたからといって、必ずしも希望の視力になるわけではありません。現在の自分の視力を理解し、データなどからどの程度視力を見込めるのか、執刀する医師とよく相談して納得する必要があります。
PRK、レーシックはどちらも光が通過する角膜中央部に治療を施します。レーシックでは翌日から視力の回復が見込まれますが、PRKでは上皮細胞の再生に時間がかかるため、レーシックのようにはすぐに回復しません。
近視が強い人であれば、裸眼で生活できれば満足だと思う人が多いようです。ただ、レーシックを受けて3ヶ月たっても見えないようであれば、再治療を考慮する必要があります。
レーシックは治療後の回復も短期間で、普通の近視では6ヶ月以上経過すると視力の変化はほぼないからです。
PRKはレーシックとは異なり視力回復までに3〜4日かかります。徐々に見えるようになるのですが、稀に暗闇で光がぼやけて見えるハロや、1ヶ月経過くらいの時点で混濁が出ることがあります。ただし、心配はありません。通常は3ヶ月程度経過した時点で徐々に軽減してきます。
レーシック、PRKのどちらで近視治療をしても、術後に遠視になる可能性があります。通常は遠くが良く見えるので、不満を感じる方は少ないのですが、高齢の方や事務系で近くを見ることが多い仕事の方は眼に疲れを感じることも多いので再治療を検討する方もいるようです。
レーシックを受けた患者さんの90%以上の方がレーシック後の視力に満足したと感じるようですが、まれに満足できないという方もいるようです。例えば、過矯正ぎみのコンタクトレンズをしている方などで非常に見える状態にしていた方などは、レーシック後の視力に満足できないことがあるようです。
PRK、レーシックともパーフェクトの治療法ではありません。もし、レーシックなどの治療を受けてみようと思う方は、屈折治療の副作用や問題点などをよく理解することが大切なのです。
また、レーシック前の検診の際にレーシックが眼にあっているかどうか理解する必要があります。自分自身でしっかりとレーシックを理解し、レーシックを受ければ、レーシック後の視力にきっと満足できるはずです。
タグ:
posted by re-shik at 20:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシック後の検診

レーシック治療を受けた翌日に検診があります。フラップ作成時の痕はすでに無くなり、視力も回復しています。ただし、一時的な遠視状態になっているので、遠くが見えやすく近くが見えにくい状態になっています。
2回目の検診となるレーシック後1週間目の検診では、レーシック前に、軽度、中度の近視だった人は、概ね予定の視力になっていることが多く、近くを見ても無理があることは無いようです。眼に触れてもほとんど痛まなくなっています。
まれに、夜、光の周辺がぼんやりと見えるハロが現れたり、コントラストが低下したりすることがあるようですが、これは、角膜中央部にレーシックのレーザーが照射されたために起こるもので、3ヶ月以上経過すると徐々に収まってきます。
個人差もありますが、レーシック後1ヶ月検診では、ほとんどの方が予定の視力に達しています。レーシックの矯正効果が弱く再治療するかどうかは3〜6ヶ月検診で判断します。
レーシック治療後に近視が残ってしまい、再治療を行なうこともあるようですが、その割合は3〜4%程度になっています。しかし、これは歴史の中でのデータであり、直近の数値で言えば、レーシックの再治療の割合は1%以下になっているという報告があります。
3ヵ月後のレーシック検診では、暗い場所での視力の低下を訴える方も少なくなり、ほぼすべての方の視力が安定します。たいていの方はあまり問題の無い程度に視力が落ち着きます。
最後に6ヶ月検診があります。3ヶ月検診で近視気味だった方が6ヶ月検診で改善しているケースもありますが、3ヶ月検診と6ヶ月検診でデータにほとんど変化は見られないことが多いようです。
レーシック治療を受けて、また以前のような禁止に戻る可能性はありません。ただし、PCのモニタなどを長時間眺めるような仕事の場合、再度視力が落ちてくるということは考えられます。そういう方の場合は、軽い遠視用のめがねを掛けて仕事をしたほうがよいと言えます。
遠視用のメガネといってもレンズ薄いものです。もちろんこうしたメガネ等を使用しなくてもレーシックを受けたのであれば、近くも遠くも裸眼で見ることが可能です。しかし、レーシック後6ヶ月程度は角膜を安定させるという意味でも、あまり長時間近くを見ないほうがいいのです。
一方、レーシックを受けた後に、遠視になることがあります。この場合は再治療が必要なケースもあります。ただし、年齢的なことから遠視になることもあるのでレーシックが原因ということではない場合もあるようです。
そういう意味では、年をとってからレーシックを受ける方は、あまりいい視力にし過ぎなくてもいいのかもしれません。
また、老眼が気になりだす年齢の方のレーシックでは、レーシックの照射度数を軽くしてインプットします。遠くは見えにくいが近くを楽に見ることができるというレーシックを施すわけです。こうした調整は初診の際にしっかりと打ち合わせしておくことが大切です。
タグ:検診
posted by re-shik at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックの手順

クリニックによってさまざまなレーシックの方法がありますが、一般的なレーシックの手順は以下のようになっています。
1.レーシック専用のベッドに横になり、治療中に頭部が動かないように固定します。
2.レーシックを受ける眼の近辺を丁寧に消毒します。
3.レーシックを受ける目に局所麻酔薬を点眼します。
4.レーシックで使用するマイクロケラトームの邪魔にならないように、瞼を開く装置を装着し、眼を開いた上体で瞼を固定します。
5.瞳孔のセンター部分とフラップ作成後の位置を把握しておくためにマーキングをします。
6.フラップを作成するためのIブレードの動作とヒンジというフラップの接合部の大きさを確認し、レーシック用マイクロケラトームを眼に固定します。そして、吸引をはじめ、吸引圧力を確かめた後、フットスイッチを入れます。レーシック用マイクロケラトームに内蔵されたステンレスのブレードが高速で動きながら一定の速度で進み、フラップを折っていき、その後、ブレードはヒンジを残して止まり、最初の位置に後退します。
7.作成したフラップをめくり、フラップの裏面が乾燥してしまわないように工夫を施し、フラップを固定します。角膜実質面の水分を除き、患者さんの眼のセンタリングを確認します。このときからレーシックを終了するまでは、眼には光が入ってくるだけで、何も見えない状態になります。
8.何秒照射するかなどの説明を受けたあと、レーシックのレーザー照射音に慣れるため、音を聞かされます。その後、レーシック用の器具を用いて目が固定され、レーザーが照射されます。照射時間は矯正度数によって異なります。
9.フラップがマーキングにしたがって戻され、レーシック用の特殊な器具により、薬液によって洗浄されます。洗浄が不充分だと、金属粉等の異物や角膜上皮細胞が残るため、治療用顕微鏡で確認しながら念入りに行われます。表面の余分な水分をレーシック用スポンジで吸収させてから、角膜を約5分〜10分間乾燥させ、フラップを接着させます。
10.フラップの接着確認後、レーシック用の抗炎症剤と感染防止用の目薬を点眼して終了となります。この時すでに裸眼視力で0.5程度まで回復していることもあります。
レーシック後は眼を閉じてしばらく安静にします。その後、フラップの状態を再確認する診察を受ければ、保護用メガネをして帰宅できます。レーシック治療後の眼の状態はモニターで確認することができ、フラップ痕とその影もばっちり見ることができます。
タグ:医療
posted by re-shik at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックの今後

今後、近視レーザー治療はどのような進歩をしていくのでしょうか。
エキシマレーザーを使用した近視治療であるPRKは、欧米では次第にレーシックに主役の座を奪われてきています。
理由としては、PREはレーシックと比較すると欠点があり、レーザ治療後に痛みが続くことや、ボーマン膜が失われるなどの指摘がなされいるということもあります。
しかし、衰退してきた最大の理由は、強度近視の矯正後に起こる角膜混濁が避けられないことです。
どんなに優れたレーザー装置を用いても、レーシックと異なり、数パーセントの患者さんには一時的な混濁が現われてしまうのです。
混濁が発生したとしても、半年ほどで消えることがほとんどなのですが、矯正効果が下がってしまうのです。
レーシックと異なり、PRKではこうした欠点が改善できていません。
こうしたことから現在のレーザー治療の主流はレーシックとなっています。
レーシックは本来、強度の近視に使用されてきましたが、現在では、レーシックは軽度近視から強度の近視までも治すことが可能です。
そのため、レーシックでほとんどのレーザー治療を行うようになると思われます。
レーシックにより、コンタクトレンズなどの愛用者がわずらわしさから解放されるために、気軽にレーザー治療を受けられるようなところまで技術は進んできています。
レーシックのことをしっかりと学んで、実績のあるクリニックで治療を受ければ、近視や遠視から解放されますよ!
posted by re-shik at 20:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックとレーシックとPRKの違い

PRKとレーシックの違いを見てみましょう。
エキシマレーザーと呼ばれるレーザーがPRKやレーシックで使用されます。このエキシマレーザーは1980年代から眼科治療に利用されています。
エキシマレーザーには通常のレーザーの特徴である高熱や衝撃波による組織破壊が比較的少ないため、PRKやレーシックの際に角膜照射用に使われています。また、その特性からコールドレーザーとも呼ばれています。
キシマレーザーを使うと角膜をきれいに加工することが可能となるためPRKやレーシックに使用されます。
半導体レーザーを使用する方法もありますが、通常、PRKは角膜に高出力のエキシマレーザーを直接照射し、角膜中央の組織を気化蒸散(タンパクの分子結合を分解)させ、角膜の形状を変えて行う屈折矯正です。
FDAに認可されたエキシマレーザー装置を使用し、正しく行われれば、PRKは危険の少ない治療法であります。
ただし、角膜上皮が通常よりも厚く生成してしまい、矯正の効果が低くなることがあります。
仮に、上皮が厚く再生していまい、低矯正になってしまったとしても、PTKとPRKまたはレーシックいずれかの方法で再矯正を行うことができるので、特に心配する必要はありません。
レーシックとは、角膜をマイクロケラトームという特殊な器械で薄くめくり、めくられた角膜の組織にレーザーを照射して屈折矯正を行う治療法です。
元来、レーシックは今日と近視を矯正するのことに適しているとされていました。
しかし、レーシックはPRKと比較して、角膜混濁の発生がほとんどないこと、また、治療後の視力の安定もPRKより早いことなど、PRKよりも有利な点が多いため注目されるようになりました。
現在では、比較的軽度の近視矯正にもレーシックが実施され、かなりのクリニックで、レーシックを主とした屈折治療を行っています。
posted by re-shik at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックとPRKの基礎

ものを見るときに、遠くから光は角膜、虹彩、水晶体、硝子体と通過し、網膜に到達して映像となります。
角膜などにより、光は屈折され、問題のない目であれば、網膜上でピントが合いますが、近視、遠視、乱視などの異常がある場合は、ピントが手前や後ろにずれてしまいます。
この近視・遠視・乱視をまとめて屈折異常といい、この度合いを表す単位をD(ディオプター)で略記します。
近視の場合、その度合いを示すのにマイナスを使い、遠視の場合はプラスをつけます。
光の屈折異常を矯正するにはメガネを使用したり、コンタクトレンズを着用するか、目に屈折治療を施し、光の屈折を調整して網膜上のピントをあわせる必要があります。
レーザー治療が、現在では、この屈折治療の本流になってきています。
一般的なレーザー治療は、PRKとレーシックと呼ばれるものです。
従来、日本ではメガネやコンタクトレンズでの矯正が主でしたが、先進国で一般的に行われている屈折治療であるPRKやレーシックが、近年注目されるようになってきました。
眼の中で光をもっとも屈折させる部位である角膜を変化させることにより、PRKやレーシックは視力を矯正します。
PRKとは、エキシマレーザーを目の中心部分に照射して、角膜の中央部分に変化を加えて、屈折度合いを調整する治療のことです。
レーシックとはマイクロケラトームという器具を利用し、目の角膜表面をわずかな厚さではがしフラップを作成し、エキシマレーザーを角膜中央部分に当て、その後、フラップを戻して光の屈折具合を調節する方法です。
マキシマレーザーとは、進行方向と波長が一定で非常に強いエネルギーを持つ光の束のことです。医療分野などで幅広く利用されています。
posted by re-shik at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。