2007年03月08日

レーシックとPRKの基礎

ものを見るときに、遠くから光は角膜、虹彩、水晶体、硝子体と通過し、網膜に到達して映像となります。
角膜などにより、光は屈折され、問題のない目であれば、網膜上でピントが合いますが、近視、遠視、乱視などの異常がある場合は、ピントが手前や後ろにずれてしまいます。
この近視・遠視・乱視をまとめて屈折異常といい、この度合いを表す単位をD(ディオプター)で略記します。
近視の場合、その度合いを示すのにマイナスを使い、遠視の場合はプラスをつけます。
光の屈折異常を矯正するにはメガネを使用したり、コンタクトレンズを着用するか、目に屈折治療を施し、光の屈折を調整して網膜上のピントをあわせる必要があります。
レーザー治療が、現在では、この屈折治療の本流になってきています。
一般的なレーザー治療は、PRKとレーシックと呼ばれるものです。
従来、日本ではメガネやコンタクトレンズでの矯正が主でしたが、先進国で一般的に行われている屈折治療であるPRKやレーシックが、近年注目されるようになってきました。
眼の中で光をもっとも屈折させる部位である角膜を変化させることにより、PRKやレーシックは視力を矯正します。
PRKとは、エキシマレーザーを目の中心部分に照射して、角膜の中央部分に変化を加えて、屈折度合いを調整する治療のことです。
レーシックとはマイクロケラトームという器具を利用し、目の角膜表面をわずかな厚さではがしフラップを作成し、エキシマレーザーを角膜中央部分に当て、その後、フラップを戻して光の屈折具合を調節する方法です。
マキシマレーザーとは、進行方向と波長が一定で非常に強いエネルギーを持つ光の束のことです。医療分野などで幅広く利用されています。
posted by re-shik at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。