2007年03月08日

レーシックの今後

今後、近視レーザー治療はどのような進歩をしていくのでしょうか。
エキシマレーザーを使用した近視治療であるPRKは、欧米では次第にレーシックに主役の座を奪われてきています。
理由としては、PREはレーシックと比較すると欠点があり、レーザ治療後に痛みが続くことや、ボーマン膜が失われるなどの指摘がなされいるということもあります。
しかし、衰退してきた最大の理由は、強度近視の矯正後に起こる角膜混濁が避けられないことです。
どんなに優れたレーザー装置を用いても、レーシックと異なり、数パーセントの患者さんには一時的な混濁が現われてしまうのです。
混濁が発生したとしても、半年ほどで消えることがほとんどなのですが、矯正効果が下がってしまうのです。
レーシックと異なり、PRKではこうした欠点が改善できていません。
こうしたことから現在のレーザー治療の主流はレーシックとなっています。
レーシックは本来、強度の近視に使用されてきましたが、現在では、レーシックは軽度近視から強度の近視までも治すことが可能です。
そのため、レーシックでほとんどのレーザー治療を行うようになると思われます。
レーシックにより、コンタクトレンズなどの愛用者がわずらわしさから解放されるために、気軽にレーザー治療を受けられるようなところまで技術は進んできています。
レーシックのことをしっかりと学んで、実績のあるクリニックで治療を受ければ、近視や遠視から解放されますよ!
posted by re-shik at 20:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ボーマン膜ボーマン膜(ボーマンまく)とは、眼球の前面を覆う角膜を構成する膜。外境界膜。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedi..
Weblog: (目)のすべて
Tracked: 2007-09-29 15:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。