2007年03月08日

レーシック後の検診

レーシック治療を受けた翌日に検診があります。フラップ作成時の痕はすでに無くなり、視力も回復しています。ただし、一時的な遠視状態になっているので、遠くが見えやすく近くが見えにくい状態になっています。
2回目の検診となるレーシック後1週間目の検診では、レーシック前に、軽度、中度の近視だった人は、概ね予定の視力になっていることが多く、近くを見ても無理があることは無いようです。眼に触れてもほとんど痛まなくなっています。
まれに、夜、光の周辺がぼんやりと見えるハロが現れたり、コントラストが低下したりすることがあるようですが、これは、角膜中央部にレーシックのレーザーが照射されたために起こるもので、3ヶ月以上経過すると徐々に収まってきます。
個人差もありますが、レーシック後1ヶ月検診では、ほとんどの方が予定の視力に達しています。レーシックの矯正効果が弱く再治療するかどうかは3〜6ヶ月検診で判断します。
レーシック治療後に近視が残ってしまい、再治療を行なうこともあるようですが、その割合は3〜4%程度になっています。しかし、これは歴史の中でのデータであり、直近の数値で言えば、レーシックの再治療の割合は1%以下になっているという報告があります。
3ヵ月後のレーシック検診では、暗い場所での視力の低下を訴える方も少なくなり、ほぼすべての方の視力が安定します。たいていの方はあまり問題の無い程度に視力が落ち着きます。
最後に6ヶ月検診があります。3ヶ月検診で近視気味だった方が6ヶ月検診で改善しているケースもありますが、3ヶ月検診と6ヶ月検診でデータにほとんど変化は見られないことが多いようです。
レーシック治療を受けて、また以前のような禁止に戻る可能性はありません。ただし、PCのモニタなどを長時間眺めるような仕事の場合、再度視力が落ちてくるということは考えられます。そういう方の場合は、軽い遠視用のめがねを掛けて仕事をしたほうがよいと言えます。
遠視用のメガネといってもレンズ薄いものです。もちろんこうしたメガネ等を使用しなくてもレーシックを受けたのであれば、近くも遠くも裸眼で見ることが可能です。しかし、レーシック後6ヶ月程度は角膜を安定させるという意味でも、あまり長時間近くを見ないほうがいいのです。
一方、レーシックを受けた後に、遠視になることがあります。この場合は再治療が必要なケースもあります。ただし、年齢的なことから遠視になることもあるのでレーシックが原因ということではない場合もあるようです。
そういう意味では、年をとってからレーシックを受ける方は、あまりいい視力にし過ぎなくてもいいのかもしれません。
また、老眼が気になりだす年齢の方のレーシックでは、レーシックの照射度数を軽くしてインプットします。遠くは見えにくいが近くを楽に見ることができるというレーシックを施すわけです。こうした調整は初診の際にしっかりと打ち合わせしておくことが大切です。
ラベル:検診
posted by re-shik at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。